空 撮

UAV(無人航空機)測量とは

Unmanned Aerial Vehicle

 

 UAVは、「Unmanned Aerial Vehicle」の略で、ラジコンなどのように無人で飛行する航空機のことです。

 

 GPSと3D解析ソフトを利用し、このUAVを測量に応用する次世代の測量技法の開発が、今、世界中で進められています。

 

 当社では、この次世代型の測量技法にいち早く着目し、ノウハウの蓄積に取り組んでいます。


UAVによる測量 3つのポイント

①空撮&GPS&3D解析による、新しい測量技法

 

 GPSとカメラを搭載したUAVが空中から撮影した写真を3D解析することにより、3次元立体形状データが作成されます。

 この3次元データから縦横断形状を任意の地点で作成することができます。

 

 この3次元データは、土量計算や景観シミュレーション、さらには災害シミュレーション等にも使用可能で、今後幅広い分野で活用されていくことが期待されています。

 単なる測量図面の作成だけでなく幅広い応用ができることも特徴です。


②測量にかかる時間を大幅に短縮

 

 地形測量、縦断測量、横断測量と、同じ場所でも3種類の測量が必要な現在の測量方法に比べ、このUAVによる測量は、わずか1回のフライトですべての測量を網羅することができます。

 

 このため、従来の測量に比べて大幅な時間短縮とコスト削減が可能となります。


③災害現場や危険・測量困難箇所での測量がスムーズに

 

 測量員が現場に入る現在の測量と違い、UAVによる測量方法は離れた箇所から空撮によって撮影&測量することができるため、災害現場や立ち入るのが危険な箇所、また測量が困難な箇所での測量に威力を発揮します。

 

 すぐにUAVを飛ばすことができ、そのまま現場データを3D化できる新しい手法だからこそ、多くの場面での活躍が期待されています。


従来の測量との違い

従来の測量とUAVによる測量技術

 
  
 道路進行方向の高さを一定間隔で観測する「縦断測量」、縦断測点の垂直方向に変化点高さを観測する「横断測量」、業務対象地全域の単点を観測する「地形測量」を人力により実施。  UAVは一度のフライトによる観測で、地形図、縦断図、横断図に必要な単点の位置及び標高の取得が可能。

 


空撮画像から3Dデータモデルを作成

 

 空撮画像を高精細な画像としてつなぎ合わせ、3D解析によって3Dデータを導きます。  

 木々の根本など、UAVデータでは測量できない箇所は、地上レーザー測量との組み合わせで補完することができます。


3Dデータから、平面図、縦断図、横断図を算出

 


空撮のご依頼はこちらから

空撮サービス スカイアイ